思春期息子の事件簿Last

子育て

PR:当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

予想通りのいじめ

学校に登校したけれど・・

息子と話してる友達に・・

ウンコ漏らしたやつと話ししとる

そんなことを言う人がいる---

人の失敗を笑いものにして

もしも自分が・・を考えられない

そのうち分かるだろう・・

人をいじめれば自分に返ってくると言うことを・・

《いじめるよりもいじめられた方が良い》

息子は・・きっと・・針の筵だっただろう

居た堪れない気持ちだと想像出来ます

でも、、学校は休みませんでした

こうして人間的に強くなっていくんだと思います

逃げていたら、いつまでも・・いつまでも・・

何も変わらないからです

これが事件の真実です

ここからは、先日息子から聞いた母の知らない \真実/ です

あの日・・男子トイレの大便トイレに入れなかったのもいじめの1つです

入れば、バカにされ囃し立てる

ところが、息子はお腹を下していたようで・・

我慢の限界から・・漏らしてしまった・・

そして・・担任の先生が車で家まで送ってくれたそうです

帰り際に『明日学校に来いよ、待ってるよ』そう仰ってくれたそうです

息子の言い訳

家に帰って、そのズボンをどうするべきか判断できなかった話です

経験したこと無かったから・・

洗った方がいいのか置いとけばいいのかさえも分からなかった

それで中途半端に洗って、洗濯カゴに入れていたら

お母んに怒られた・・とのことでした

それで、かえって大変なことになるなど想像出来なかったんですね・・

そうか~~そこを理解出来てなかったな・・この母は優しくない

ただ、これは駄菓子屋に向かう車のなかで話をしましたが

今だからこそ、大爆笑での会話となりました!!!

支えてくれた友達

あの頃も、、カードゲームが流行っていました

ある友達が『今日カードゲームで遊ぼうおまえの家まで行くから』と言ったそうです

息子は『今日は用事があるからまたね』と返事をしましたが

心の中では『ウ〇コ漏らした奴の家に行ったと言われるから、来ない方が良い』と思ったようです

ところが・・友達は、家まで遊びに来てくれたらしいのです

それも二人で来てくれたようでした・・(涙)

なんて、素敵な話でしょうか!

息子を助けてくれてありがとうございます

地獄に仏とはこの事でしょう!

どんなにか、息子は救われたと思います

もうその友達に、直接お礼を言うことは出来ないけど

世の中捨てたもんじゃないんだと・・

そう思える 息子の事件簿でした

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました